ぶろぐぅ

アクセスカウンタ

zoom RSS RICHO THETA 小ネタ

<<   作成日時 : 2013/11/11 12:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

引き続きシータネタ
汚い画像ですが〜

画像


レンズキャップとスタンドです
強力ファミリー吸盤 くもり横T字 直径35mmのをホムセンで仕入れてきました。
吸盤の高さがあるのでムリに押しつけなければレンズに接触はしません
自力で張り付いてくれるの期待しましたがTHETA本体の曲面と表面加工でくっつきませんでした(;´_`;)
T字になっている部分にヒモを通せるので(引っかけるだけ)髪ゴムでやっつけw

小ささが魅力のシータが無駄に厚くなりますがzzz
テーブルに置く、ケースに入れるを繰り返すと必ずレンズこするコトになるので...
それプラス半透明吸盤を手持ち撮影時に自分側に被せたらどーなるか?の実験でもありました。

半透明吸盤撮影者ぼかしシステムバージョン0.1

メリット
1 半分真っ暗よりはマシ?
2 自分面からも吸盤越しのディフューズされた光が入るので露出制御的に破綻しづらくなるかも?

デメリット
1 どっちにしてもシータ本体を持つ指が入っちゃう(小型三脚とかL時金具とかで対処しませう)
2 前面レンズとの境界はどうにもならなかった

結果:透明吸盤にして吸盤中心部に向けてマットスプレーなどでグラデーションの処理をすればレンズ境界は出るでしょうが、多少は画角稼いだうえで撮影者も「存在している」程度の雰囲気が出るのかなーとzz
面倒なので私はやりません(爆


画像


スタンドは手頃なモノ探していて机の中から発掘されたメモリースティックのプラケースにネジを接着しました。
ホムセンで1/4−20UNC オスメス適当に調達してきて現物合わせしながらペタっとw
数十円で調達出来るので助かりますネ(⌒▽⌒)
ぴったりの長さのものが無かったのでナットでねじ込み深さ調整してますがTHETAの軽さ&傾けてもアプリ上補正掛けてくれる?ので精度とか強度とかあまり考えなくてよろしいかと〜

THETA本体のみで立てると恐いんですよね;;簡単にコケてレンズヒットさせそうで...
土台は5cmx2.5cm程度のプラケースですがこのサイズでも机上に置いてその机にコツンと当たるくらいなら
倒れませんでした。(ガツンと当たると倒れます)

いずれ適当な金属板にでも交換する予定〜(裏からネジ込む予定で厚みのあるケースにしましたが重みのある金属板で低重心化して表面に接着剤止めでいいかなーとw)

実際の写真はこんな見え方に


画像



続く(のか?)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだ(;´_`;)直径4cmくらいの建築資材なのかな?重くて大きいワッシャーにネジ直付けすれば良かったんじゃなイカzzz

テーブルにガツンとぶつかっても大丈夫になりましたw

(注:同じことして倒れても責任は持てません)
まなみ
2013/11/11 14:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
RICHO THETA 小ネタ ぶろぐぅ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる